本文へスキップ

一人暮らしを満喫するには最初が肝心

一人暮らしを始めるにあたって注意したい事


一人暮らしをスタートするにあたって、まず重要なのは、住宅探しです。
やはり家賃は、毎月の積み重ねで、大きく差がつくものですので、慎重に選びたい所です。

不動産屋によっては、更新手数料がかからない所もあり、事前の下調べは大切です。
ただ、家賃が安ければいいというものではありません。

隙間風がビュービュー入り寒いだとか、部屋が広いせいで、なかなか部屋が暖まらないため、
ストーブを焚く時間が多くなると、暖房費がかかってしまいます。
暖房費を節約して、風邪をひいていては元も子もありません。
特に北の地域に住む場合には冬が長いため、暖まるための工夫をしていきたい所です。

一人暮らしの出費の肝は、なんといっても食費ではないでしょうか。
食生活は、健康にもつながるため、ただ削ればいいというものではなく、難しい所ですね。
ポイントは、買った食材を使いきるところにあるのではないでしょうか。

スーパーには、一人暮らし用に小分けされた食材が多々ありますが、それらは、利便性は高いものの通常の食材類より、
高くつく事の方が圧倒的に多いようです。
でも、たくさん購入しても、食べきれないというのもまた現実ではないでしょうか。

せっかく安く買った食材を捨ててしまう事態になる前に、とにかく食べきる工夫をするべきです。
献立を考えてから買い物するのではなく、ある食材でいかに上手く料理するかが節約のポイントとなるので、
レパートリーを増やすためにも、インターネットでレシピを見るなどして、初めのうちは、
果敢にチャレンジしてみましょう。

慣れてくれば、同じ食材でも色々と応用が利くようになるので、だんだんと効率が高まっていきます。
冷凍保存ができる物は冷凍し、加工してから保存できるものは、早めに加工するようにするのは、
言うまでもありませんが、ついやりがちなのが、冷凍庫にある保存食材を把握せずに、
買い物に出かけてしまうことです。

冷凍庫の容量も把握しておかないと、冷凍保存がきかず早めに食べきる必要が出てくるため、
また買い物に行かなければならないという、不経済な事態に陥ります。
また、自宅から行ける範囲の何件かのスーパーで、それぞれの底値を調べておき、
安い食材が売られる時に、手に入れて保存しておくというのがベストです。

スーパーのおつとめ品が出る時間帯にこまめに買い物に行く事ができればいいのですが、そうもいかない場合は、
行ける時間帯、曜日で一番安いお店、ポイントがつくスーパーを把握しておきましょう。
複数の店舗を回ることで、結局移動費がかかり割高になってしまうのを防ぐばかりか、
ついつい余計なものまで買い込んでしまう結果につながりやすいので、
買い物はできるだけ少ない回数で済ませるのも、とても大切になってくるのです。

引越しの費用を安くする方法


皆様は引越しを行う際にはどのように行っていますか。
多くの方が近所の引越し業者に頼んでいるかと思いますが、非常にもったいないと思っています。
なぜなら、引越し業者同士で競合させることにより、安価で引越しを行うことが出来る場合があります。

そのため、今回その方法をご紹介したいと思います。こちらの引っ越し やることリストと一緒に見て下さい。
あくまでも私見ですので御了承いただければと思います。

まず引越し業者に見積もりを取りましょう。
見積もりの取り方は簡単です。
近くに店舗があるのならばそのまま足を運んで、受付で用件を言えばだいたいの金額を出してくれます。

また、近くに店舗が無い場合は電話で請求できます。
その場合、家族構成から細かいオプションまで詳細に聞いてきますので間違わないように答えていきましょう。
もし、間違った内容を伝えてしまうと業者によって値段が大きく異なってしまいますので注意しましょう。

次に見積もりを取ったのなら、自身が一番お願いしたい業者に他社の見積もりを持っていきましょう。
そうすると、業者も他社の金額を見て値段を下げてくる場合があります。
しかし、時には強気にこの値段でうちはやりますと相手にされないこともあります。

その場合はすぐにお引取りしましょう。
そのような所に時間をかけていると時間がもったいないですし、
それであれば他の業者にお願いした方がよっぽど利口だと思います。

もし、交渉する場合は相手にこの金額にしてくれればそちらでお願いしたいと言いましょう。
相手もお客さんの金額が明確なため、すぐ断るか決定するかがすぐに理解できます。
こちらとしても、その値段に出来なければすぐサヨナラできますのでこの手を使わない手はないでしょう。

後は、引越し業者が勧めてくるオプションは必要最低限に抑えましょう。
コードの整備やエアコンの取り付けまで幅広いオプションがありますが、それ相応のお金を請求されます。
ですので、必要なければ断り、もし必要であれば明確に業者へ伝えるようにしましょう。
そうしないと後で言った言わないの騒ぎになってしまいます。

このように、引越しの費用を安く抑えるには引越し業者同士で競合させたり、こちらから交渉するのが良いでしょう。
見積もりを取ったり交渉は面倒だと思いますが、これをするかしないかで値段は大きく異なってきます。
私の場合でも交渉したおかげで2万円安く抑えることができました。
ですので皆さんもぜひお試しいただければと思います。

節約できる財布の選び方

財布に関するこだわりは結構ある方だと思います。
まず第一に手触りが良くなければいけません。持ってみてベタベタせず、しかも滑りにくいものが好きです。

材質には拘りませんが、やはり皮のようなものの方が、使っていて気持ちがいいです。
黄色は風水で金運に良いと聞いているので、黄色が本当は欲しいのですが、今は無難に薄茶色の財布を使っています。

実用本位に選ぶので、手垢で汚れた時に、汚れが目立たないものを選びます。
構造ですが、まず1番最初に拘るのが、マチがキチンとあるかどうかを見ます。
カード入れの数も重要です。マチがキチンとある事で中身が沢山入るので、その方が使っていて楽です。

小銭が増えてしまった時などにも対応出来ますし、別に小銭入れを持ち歩くのは嫌いなので、そういう形のものを選びます。故に長財布よりは、二つ折り、三つ折りの財布になってしまいます。小銭入れはファスナー式のものが好ましいです。スキマもキチンとチェックします。小銭が出易い浅い財布はいけません。特に財布 メンズならなおさらだと思います。

あと、重要なのは札入れの深さです。札入れが深すぎると、お札が中に入り込んでしまって、出しにくいので、二つに分かれているもので、片方が浅くなっているのがベストです。
小銭入れはなるべく中で分かれているものを選びます。かといって、沢山入らないのも嫌です。
値段は4000〜7000円位のもので、使い易ければブランドには拘りません。

今使っているのは、3980円の三つ折り財布です。
かなりボロボロになってきているので、新しい財布を捜しているのですが、拘りが多いので中々決まらないのが難点です。
財布をプレゼントで貰うのは好きではありません。

どうしてかというと、好みじゃなかった場合、どうしたら良いか悩んでしまうからです。
無理矢理使うのもなんですし、かといって捨てるわけにもいかないし、プレゼントで貰った品を誰かにあげてしまう訳にもいきませんから…。

もしも財布をプレゼントしてあげると言われたら、自分で選びたいタイプです。
(それではプレゼントになるかどうか疑問ですが…)

ショッピングセンターに行く度に、財布売り場は必ずチェックします。
偶に値下げ商品などが置いてあるので、お得に買える場合があります。
実際に今使っている財布は定価はもっとする財布です。
自分好みの財布に出会えた時には、とても嬉しいです。

今の財布もとても気に入っているので、もう一度買いたいのですが、デザインがもう生産終了してしまったようで、売っていません。とても残念ですが、新しい財布を頑張って捜します。

バナースペース